利用目的から適したところで施術を受けてみよう

サイトメニュー

きれいになる秘訣とは

カウンセリング

選び方と基礎知識を身に付ける

女性の多くは、自分は歳をとってもきれいになりたい、あるいはきれいな状態でいたいと考えるものです。この時、自分で努力をしてきれいにすることもできますが、自分の努力でどうすることもできない部分もある事は否めません。このような場合には、銀座の美容整形外科に通ってみるのも良いでしょう。銀座の美容整形外科は、比較的有名な先生などが集まっていることが多く、腕前が良いところも少なくありません。ただその反面、腕前があまり良くないところもありますのでその見極めが必要になります。まず、選び方としては金額だけで選ばないことです。例えば、同じような美容整形外科が銀座で2つあり、片方は格安でもう片方は平均よりも料金が高かったとすれば、多くの人が安い方を選ぶはずです。安いところが必ずしも悪いわけではありませんが、なぜ安いのかまで調べておく必要があるでしょう。場合によっては、あまり腕前のよくない先生お安い料金で雇っているため、安いのかもしれません。ただ、中には広告費用などにあまりお金を使うことがなく安さを実現している可能性もあります。後は、宣伝の仕方などを見ておきましょう。例えば、物販等のように顧客満足度95%などと表示しているようなところは、違法性が高くなります。そもそも、美容整形外科は顧客満足度を表示してはいけないことになっています。そのため、広告を誇大広告とみられるようなものに関しては、あまり信憑性がないと考えて良いです。仮にそれが本当の数字だったとしても、そのような宣伝をせずに経営しているところを選ぶべきです。

よい銀座の美容整形外科を選ぶことができた場合、実際にその銀座の美容整形外科の内容を理解しておくことが必要になります。どのようなことを理解したら良いかと言えば、まずダウンタイムがどのようになっているかです。ダウンタイムとは、元に戻るまでの時間のことを意味しています。このダウンタイムが長ければ長いほど、不便な生活を強いられることになるでしょう。ただ、美容整形外科で行った美容整形の全てが、ダウンタイムが長いわけではありません。例えば、最近流行っているヒアルロン酸の注射によりほうれい線をなくす施術をする人がたくさんいますが、ヒアルロン酸を治療するときには注射しか使えませんので、ダウンタイムはほとんどありません。場合によってはその日と次の日ぐらいは赤く腫れていることがあるかもしれません。ですが、それ以上にダウンタイムが長引く事はなかなかないでしょう。これに対して、メスを入れる場合や脂肪吸引の時に管を通す場合などは後で縫合をしなければいけません。そのため、完全に元に戻るには1週間から2週間位の時間がかかります。場合によっては、1ヵ月近くかかることも珍しくありません。この間、ちょっと不便な生活を強いられるわけではありませんが、少なくとも当日かその次の日ぐらいまではお風呂に入ることなどができません。翌日もシャワーで済ませねばならないこともあります。また、目立たない絆創膏のようなものを1週間位は貼り続けなければいけないこともあります。周りの目が気になる場合は、有給休暇などをとることで対応することが可能です。